ブログ / ライブ配信の仕組み

2022/05/08

【BIGO LIVE(ビゴライブ)】安全安心に配信するためのアドミンとは?

ビゴライブは全世界で 4億ダウンロードされているライブ配信アプリです。世界中で配信や視聴ができるため、たくさんのリスナーさんと交流できます。一方、配信時に気をつけたいのが悪質な視聴行為への対処です。
そこで、今回はビゴライブに備わっている安全安心な配信のための「アドミン」について、メリットや注意点、設定方法などをまとめていきます!

1. ビゴライブのアドミンとは?
 1-1. アドミン機能とは
 1-2. アドミンにできること
 1-3. アドミンの上限
2. アドミンのメリット
 2-1. 配信に専念できる
 2-2. 配信の治安が良くなる
 2-3. アドミンのリスナーさんと信頼関係が築ける
3. アドミンの注意点
 3-1. アドミンによる権限の乱用
 3-2. アドミン間のトラブル
 3-3. 選任の難しさ
4. アドミンの設定方法
5. 迷惑行為が繰り返される場合はブロック
6. まとめ

1. ビゴライブのアドミンとは?

1-1. アドミン機能とは

アドミンは、Administrator(アドミニストレーター)が由来であり、「管理者」を意味します。
ビゴライブではその名の通り、ライブ配信中の荒らしや嫌がらせなどの迷惑行為を管理してくれる視聴者を指します。
もちろん、ライバー自身も迷惑行為には対応できるので、管理者を増やして配信を共同で管理するイメージです。

1-2. アドミンにできること

ライバーから選任されたリスナーさんのアドミンには、以下の権限が付与されます。
・ミュート
・強制退室
・通報

・ミュート
ミュートすると、配信中に送信されるコメントを止められます。
ミュートされたリスナーは、配信自体は視聴継続できますが、それ以降コメントができなくなります。

ミュートはその配信に限り適用されるため、次回以降の配信で再度迷惑行為があった場合は、その都度ミュート設定が必要です。

・強制退室
強制退室では、配信が視聴不可となります。
強制退室されたリスナーは、退室について表示され、その配信に入室できなくなります。

強制退室もその配信に限り適用されるため、次回以降の配信で再度迷惑行為があった場合は、その都度強制退室が必要です。

・通報
通報すると、そのリスナーの情報がビゴライブ運営に報告されます。悪質な迷惑行為やアカウントに対しては、通報後に上記の対策を推奨します。

1-3. アドミンの上限

アドミンに選任できる人数は、ライバーのレベルによって変動します。レベルが低いときの最低人数は 2人、最大で 20人まで選任できるようになります。

Lv.01 ~ 10: 2名
Lv.11 ~ 20: 5名
Lv.21 ~ 40: 8名
Lv.41 ~ 50:10名
Lv.50 ~   :20名

(自身の現在のレベルは「マイページ」の「レベル」で確認できます。レベルは、アプリの起動や配信の視聴、ギフトの送付・受取などで経験値を獲得し、経験値がたまると上がっていきます。)

2. アドミンのメリット

リスナーさんと、配信の共同管理が可能となるアドミン機能には、以下のメリットがあります。

2-1. 配信に専念できる

迷惑行為への対処はライバー本人にも可能ですが、配信(トークやリアクション)しながらの対処は大変です。
迷惑行為は程度にかかわらずライバーへのストレスとなり、配信のクオリティにも影響します。また、迷惑行為が行われている配信はリスナーさんも満足に視聴を続けられないため、離脱の原因になってしまいます。

アドミンを選任しておくことで、ライバーは突然の迷惑行為への対処を任せられるので、配信に専念でき、安全安心に楽しく配信が続けられます。

2-2. 配信の治安が良くなる

迷惑行為に対してアドミンが対処している、しっかりとしたアドミンがいる配信だとわかれば、そもそもの迷惑行為の抑制やリスナーさんの安心感にも効果があります。

また、迷惑行為への対処が減ると、役割を分担して定期の歓迎コメントや見逃しがないようにアシストなども担えます。初めて配信を観に来たリスナーさんに対してその配信の説明や、ライバーがコメントを見逃さないように反応して和やかな配信にしていけます。

2-3. アドミンのリスナーさんと信頼関係が築ける

アドミンは選任できる人数が限られているため、選ばれたリスナーさんはそのライバーに信頼されている実感があります。また、ライブ配信活動を一緒に行っている一体感が生まれるため、より深い信頼関係が築かれます。

ライブ配信を続けて視聴数や配信の規模が大きくなると、アドミンの存在がより必要となるため、アドミンをお願いできそうなリスナーさんがいるか配信中に意識したほうがよいでしょう。

3. アドミンの注意点

一方、アドミン機能の利用にあたり、以下のような注意点を確認しましょう。

3-1. アドミンによる権限の乱用

アドミンになるとライバーと同様の権限を持つため、仮にアドミンによる迷惑行為や迷惑行為への助長があった場合、ライバーさんの信用問題や活動妨害になってしまいます。

ライバーはすぐにアドミンを解除できますが、一度アドミンによる迷惑行為が起こってしまうと、リスナーさんへの不信感や精神的なダメージが大きいため注意が必要です。

3-2. アドミン間のトラブル

レベルが上がり配信の規模に応じてアドミンに選任できる人数が増えると、配信の運営力が上がる一方、意見の衝突が起こる危険性があります。

アドミンは心強い味方ですが、あくまでもライバーの意見や今後の活動を踏まえてまとめていけるチーム作りを意識しましょう。

3-3. 選任の難しさ

アドミンはライバーからの指名制のため、アドミン候補のリスナーさんが管理者としてふさわしいかを見極めなければなりません。アドミン選任の基準例として、以下が考えられます。

・いつも配信に来てくれる
・いつもギフトを送ってくれる
・たくさんコメントをくれる
・自身を一番に推してくれる
・アカウントのレベルが高い

ただし、前述したようなトラブルを避けるためには以下のポイントも確認しましょう。

・高圧的な態度がないか
・否定的な意見が多くないか
・独占欲が大きすぎないか

また、責任感の重さや視聴のみを目的としているなど、リスナーさんのほうからアドミンをお断りされるケースもあります。親身になってくれるリスナーさんを見つけるのはなかなか難しいかもしれませんが、根気よく探してみましょう。

4. アドミンの設定方法

アドミンは、配信ごとに設定するため、配信中の画面から設定できます。

① 配信中の右上に表示されるリスナーのアイコンをタップして視聴者一覧を開きます。
② アドミンにしたいリスナーをタップします。
③ プロフィール左上に表示される「管理」をタップします。
④ メニューから「管理者として設定」をタップします。
⑤ この人を管理者に設定してよろしいですか?と確認があるので確認ボタンをタップします。

以上で設定完了です。アドミンを解除したいときは、同様の手順で進めていき、「管理者を解除」をタップします。

5. 迷惑行為が繰り返される場合はブロック

特定の人物から迷惑行為が繰り返される場合、配信ごとのミュートや強制退出では対処しきれない可能性がありあります。その場合は、アカウントをブロックするしかありません。
一度ブロックすると、そのユーザーからメッセージが届くこともフォローもできなくなり、配信も視聴不可となります。(ブロックはユーザープロフィールの右上「…」ボタンから、ブロックの解除は「設定」の「ブロックリスト」でできます。)

6. まとめ

いかがでしょうか、今回はビゴライブでライブ配信中の迷惑行為対策としてアドミン機能を紹介しました。安全安心で和やかな配信を続けるためにも、ぜひアドミン機能を活用してみてください。

 

ライブ配信したい方は CORD3connect(コードスリーコネクト)へ

c3connect-top
ライバー事務所「CORD3connect(コードスリーコネクト)」に所属すると、専属マネージャーが配信のサポートなど、全面的にバックアップいたします。
また、運営会社がビジュアル業界30年以上の企業ですので、安心して活動していただけます。

所属ライバーの方だけの特別な特典もご用意!
他のライバー事務所にはない、コードスリーコネクトならではの充実サポートです。

Special1. 10万点の衣装を無料で使える
プロのスタイリストに衣装の貸し出しをしているレンタル衣装店なので品揃えが豊富。
芸能人御用達の憧れハイブランドや人気ブランドの衣装が着られます。
※ご利用には諸条件がございます。

Special2. 外光の入る撮影スタジオが無料で使える!
プロフィール写真撮影、イベント会場、交流会、配信場所として、
コードスリーコネクトのライバーは、無料でご利用いただけます!
※ご利用には諸条件がございます。

 

「CORD3connect(コードスリーコネクト)」の公式LINEにご登録いただくと、詳細をお伝えしております。

少しでも気になった方は こちら からご登録ください!

一覧に戻る

さぁライブ配信をはじめましょう

今すぐ始める